やがて書きあぐねし凡情

=今日も何もなかった=

「生前整理」のススメ~元気なうちに身辺を身軽にしよう!

「生前整理」という言葉を耳にしたことはありませんか?  なんとなく身の回りの整理だということは想像がつくと思います。実は単なる整理整頓とは違って、きちんとやっておかないと、結果として家族に迷惑をかけてしまうものなのです。そのうえ、他人に任せることができないのですからやっかいです。そんな生前整理のことを少し探っていきましょう。

f:id:keynuu773:20190420111136j:plain

 生前整理とはなにか

そもそも生前整理とは何でしょうか。 

自分が存命中に自身の死後の事態を想定して、残された家族のために財産や遺品を整理していく作業です。遺品の配分についても明確に意思を示して、残された家族の精神的負担を軽減することを目的としています。 

生前整理のメリット

それでは生前整理を行うと、どんなメリットがあるのでしょうか。 

相続の際のトラブルの多くは、遺言がなかったことが原因で起こっています。残すべき財産などほとんどないから大丈夫と安心してはいけません。相続を巡るトラブルは、遺産額の多寡にかかわらず起きるものなのです。生前整理は、そのトラブルを未然に防ごうとするものなのです。 

また人が亡くなったあとには膨大な遺品が残されます。それを廃棄と保存に分類することは、残された家族にとって大きな精神的負担となります。生前整理は、その煩わしさから家族を解放するためでもあるのです。 

生前整理のデメリット

それでは、生前整理を行ったことによるデメリットやリスクはないのでしょうか。 

ほとんどないのですが、皆無ではありません。 たとえば、アルバムや日記などを整理しているうちに、謝罪をしておくべき人あるいはお礼を言うべき人の存在を思い出すことがあります。そこでまったく礼を欠いていたことに気づくのです。 

ポジティブな人であれば、ただちに行動を起こして問題を解決できるでしょうが。多くの人は気の重さだけがいつまでも残ってしまいます。 

また一気に不要品を片付けようとして、重い荷物を無理して運び、思わぬけがをするという事態も起こり得ます。 

老前整理との違い

生前整理とよく似た言葉で「老前整理」というものがあります。どんな違いがあるのでしょうか。

老前整理とは、まだ若くて元気なうちに身の回りの品を整理、処分して、やがてくる老後生活のために住みやすい環境を整えるものです。 

つまり、生前整理は残された家族のために行うものですが、老前整理は自分のために行うという違いがあります。 

生前整理はいつから準備をすればいいの?

生前整理はいつから始めればいいのでしょうか。一概に早ければいいというものではありません。 

あまり早すぎると、自分自身が転勤や転職をしたり、子どもが結婚をしたり、孫ができたり、あるいは不幸にも家族が亡くなったりするなど、自身をとりまく環境が変化して、想定した未来図と現実がずれてしまう事態が発生します。 

やはりある程度、自分の人生のゴールが見極められるようになる50代から60代くらいが生前整理の適齢期だといえるのではないでしょうか。 

f:id:keynuu773:20190420111632j:plain

生前整理では何をどうやればいいの?

それでは生前整理は具体的にどんな作業をすればいいのでしょうか。それぞれの項目ごとにみていきましょう。 

財産目録を作る

まずは財産目録を作りましょう。これは相続の対象になる財産です。遺言を残す際にも活用できますから、とても重要な作業です。 

■不動産

規模と所有区分を明確にします。もし敷地境界が画定していない物件があれば、なるべくご自身の代で解決しておきましょう。 

 ■貯蓄

銀行口座の番号・現在の残高を記します。 

■株などの有価証券

銘柄・株数を記します。 

■骨董品、宝石などの資産価値の高いもの

目録と品物が一致するように作成します。 まだ新しい乗用車があれば、これも記録に残しましょう。  

■その他

財産は価値のあるものばかりではありません。もし借金などの負債があれば正直に書き記しましょう。また連帯保証人になったなど負の財産となる可能性があるものも書き記しておきましょう。家族が相続放棄を選択するかどうかの重要な判断材料になります。これは生前整理の中でしかできない作業です。  

残すべきものを明確にする

 たとえ資産価値がないものであっても、写真、記録物、書籍あるいは家系図など家族として残しておくべきものがあれば、それも一覧にして書き記しておきます。 この段階で、現物を一つの箱や書棚にまとめられるのであれば、早い段階で実行しましょう。 

解約・返却・変更手続が必要なものの一覧表を作る

自分の死後、解約、返却、名義変更手続が必要なものがあれば一覧にまとめておきましょう。 たとえば次のようなものがあります。

  •  健康保険証
  • 生命保険
  • 火災保険
  • クレジットカード
  • 会員証

 出生から現在に至るまでの戸籍の変遷を書き記す

土地所有者が亡くなった場合、すみやかに名義変更を行う必要があります。また預金通帳も解約しなくてはいけません。 

これらの手続に必要なのが、被相続人の出生から亡くなるまでが一連となる戸籍謄本です。戸籍を何度も移動させている方は、生前整理で、一連の流れを明確にしておきましょう。古い戸籍を取り寄せる手続をする際の家族の負担が軽減されます。 

相続関係図を作成する

相続が発生した際、相続人が配偶者と子ども達である場合は、この段階で相続関係図は必要ありませんが、子どもがいない場合は、被相続人の親や兄弟が相続人となります。 

またその兄弟が亡くなっている場合は、その子ども、つまり甥や姪が相続人となるのです。それらの事情を配偶者が把握するのは大変な労苦を要します。予め相続関係図を作成して、相続の対象になる人の住所と氏名を明らかにしておきましょう。 

法定相続一覧表について

被相続人が亡くなった際には、土地の名義変更や通帳の解約に一連の戸籍謄本が必要です。それぞれの手続ごとにこの「戸籍謄本の束」を持参するのが大変なことから、現在法務局で「法定相続一覧表」という「戸籍謄本の束」の代わりになる証明書を発行しています。この発行手続を行う際にも、一連の戸籍謄本は必要になりますから、やはり戸籍の流れを明確にしておくことは非常に大切な作業といえます。 

今処分しても支障のないものは処分する

残すべきものを明確にした際に、今処分しても支障がないと判断できるものは、生前整理の一環として、早い段階で処分しましょう。最終的には残された家族が行うにしても、少しでも負担を軽減しておきましよう。 

f:id:keynuu773:20190420112038j:plain

 まとめ

ここまで生前整理のやり方について説明をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 生前整理は最後までやりきらないことには、ほとんど意味はありません。そのためにも、焦って一度にやるのではなく、何年もかけて少しずつ行うのが、生前整理を完遂できるコツなのです。 

ふと手の空いた時間に、生前整理を行って、人生を少し身軽にしておきましょう。